ガラスコーティングのカープロテクト / ブログ

HOME > ブログ >

カープロテクト<横浜>

メンテナンス

 

メンテナンスについての話になると、悪いイメージをお持ちのお客様が実に多い!

「5年保証にある1年メンテナンスをしたことあるけど、綺麗にならなかった」とか「キズだらけにされてしまった」とか「綺麗になったけど、また直ぐに汚れが落ち難くなってしまった」等々

 

メンテナンスという言葉は、建物や機械・コンピューターシステムなどで聞かれれますが、「引き続き正常な状態で使用できるように行う作業」

 

コーティングのメンテナンスの不満は、5年間、新車のような状態を維持できます、その為にはメンテナンスも必要ですと謳ってるのに、メンテナンスを行っても綺麗な状態を維持できないコーティングが多いからです。

 

 

なぜ、満足できないメンテナンスなのか?

 

洗車して、撥水剤や艶出し剤を塗って終了のメンテナンスもある。

そのような撥水剤や艶出し剤は、長期持続せず、酸化劣化した残留物となり、汚い塗装面の要因となってしまうものも多い。

 

少しは綺麗な状態に戻そうと、コンパウンドやケミカル剤を使用、その使用により、コーティングが無くなってしまったり、表層を荒れた状態にしてしまう。

 

このメンテナンス料金では、これ以上のメンテナンス内容は無理ですと言われても、満足出来ないものほど高いものは無い。

 

こちらのヴォクシーは、新車時にグロスアーマーを施工され、もうすぐ1年という時に追突されてしまい、リアゲートとリアバンパーを塗装修理、部分のコーティングついでに、全体のメンテナンスを行いました。

 

屋外駐車で女性オーナーが自分で洗車されます。

事前に電話で状態をお聞きしたところ、ボンネットは、若干水滴婚があるのと、ルーフは雑な洗車になっていると言われてました。

 

実車を確認すると、良い意味で予想外な状態でした。

維持が難しいトヨタの202ブラックカラーを、屋外保管でこの状態で維持出来たなら、十分合格点です。

人気色なので街中で沢山見かけますが、よく見ると、みんな汚いです。

p>

写真はメンテナンス終了後です。

グロスアーマーのメンテナンスは、とにかく綺麗になります。

再施工したの?と思われるほど綺麗になります。

 

2、3年経ってから、申し訳なさそうに、まだメンテナンスで大丈夫ですか?と御来店される方も多いですが、まったく問題ありません、堂々とご依頼ください。

(現金決済のお客様のみですが、5%のキャッシュバック中なのでお得です)

 

 

 

<< コーティングについて | main | 二重価格表示で景品表示法違反 >>

Copyright © 2008 carprotect All rights reserved.